育成論、ニコニコで生主、配布なども行っています。最近動画投稿はやってません^^;
 育成候補その一として
H24~25、A31、B26~27、C31、D31、S28~29
こんなのが出てきました。

その後も
HADSの4Vではありますが、Cが一桁個体というのも・・・。

上のでも個体では充分な気もしますが、以前の記事の
臆病ダースの雷耐え(最近はたまに使うのが居るので)までの調整をすると
努力値にして20前後も違うことに・・・orz

その分火力を落とさないといけないのが、なんか踏み切れないでいる原因です。
せめてあとHPが2~3だけ個体が高ければ、ここまで苦労はしないのに(´・ω・`)

結局上の素晴らしい3Vで妥協しそうな気もしますが、
一応まだ少し孵化してます。

今回の遺伝業はアクジェとミラコなので
リフスト持ちの草には勝てませんが、せめて雷位までは耐えて返してやりたいというのが考えです。
というのも、草はわざわざ返さずともハッサム・ナットレイ・クロバットなどの4分の1で受けれるポケや
草食で無効化できるというパターンが私のPTでは多いので、問題にならないというのが一点あります。

クロバットとカにとっては草技はそれほど辛くは無いので・・・。
ただ、水ポケ相手には非常に強力ではありますが><
もともと水ポケを多く育成していた私には草対策は必須だったので、
現在も大きな脅威にまではならないのはその頃からの名残ですね。

ちなみに今回のカメックス用ゼニガメの親は
図太いゼニガメ♀(HAS)、穏やかママンボウ♂(ACDS)です。
ママンボウは実は対戦用^^;
孵化が終わったら構成を戻さないといけませんw

一応上の調整はメガネラティ(臆病前提)の流星群や十万ボルトも素耐えします。
対面ならミラコでもって行きやすいですね。

本日はニコ生にてポケモン放送およびモンハン放送をやる予定です。
スポンサーサイト

【2012/08/10 14:02】 | ゲーム
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック